共謀罪(テロ等準備罪処罰法案)について、内閣府法制局長官横畠裕介氏にお聞きしました!

土屋正忠氏(左)と横畠裕介氏
研修

共謀罪(テロ等準備罪処罰法案)は一般人には関係ない

共謀罪(テロ等準備罪処罰法案)ですが、

組織的犯罪集団に所属しているだけでは対象になりません。

つまり、◯◯組だとか、ISだとかに所属しているよ、というだけでは共謀罪の対象にはなりません。
組織的犯罪集団に所属していて、なおかつ、その集団がテロ等の準備を始めた段階で、初めて対象になります。

よく一般人も対象になるみたいな話をする人もいますが、組織的犯罪集団に所属した段階で、普通は一般人とは呼ばないと思います。

私は100%、誰から見てもまごうことなき一般人です

「私は100%、誰から見てもまごうことなき一般人です」と胸を張れる人はどれくらいいるだろうか。

 

と言うキャッチーを見ました。そんなにいない、だから、共謀罪は怖いんだという理屈のようです。

しかし、です。

組織的犯罪集団に関わったことのない人は、間違いなく「私は100%、誰から見てもまごうことなき一般人です」と胸を張れます。

そういう法律です。

昨日、土屋正忠衆議院議員の勉強会(ダイナミック日本・地域の力フォーラム)で、内閣府法制局長官横畠裕介氏から、憲法についての基礎的な知識から、共謀罪や天皇陛下の退位問題まで、政府の立場での考え方を聞くことができました。