再犯防止に向けて、西東京市にできること~保護司会西東京分区の定期総会が開催されました

丸山浩一西東京市長のあいさつ。市長からエールをいただきました。
保護司

2018年4月18日(水)

今日午後、保谷庁舎研修室で、西東京分区の定期総会が開催されました。

まずは分区長のあいさつ。

小峰分区長のあいさつ

「再犯防止法が成立したのを受け、今年8月いっぱいまでに、東京都が再犯防止計画を作ることになっています」と分区長は、あいさつの中で述べました。

これを受けて、おそらく西東京市でも、再犯防止に向けて、できることを検討していくことになります。

来賓あいさつも大勢の方からいただきました。

小幡西東京市議会議長のあいさつ

田無警察を代表して、堀様からご挨拶をいただきました。

 

私は、大塚保護司とともに、議長を務めました

再犯防止に向けて、区市町村に期待される役割は、福祉サービスの提供や、コミュニティの一員として向かい入れることで、「出所者を孤立化させない」こと。

これには、なにより、地域住民の理解と協力が必要です。その先頭に立つのが、保護司、ということになるのでしょうか?

 

最後に、副分区長の閉会のあいさつで、「保護司の役割がますます大きくなる」と述べていらっしゃいました。