MENU
保谷なおみ
西東京市議会議員
保谷なおみ(七緒美)です。
市議会議員6期目ですが、気持ちはいつも新人議員です。
2021年3月から、2023年1月まで、第23代西東京市議会議長を務めました。
現在は、広報委員長とハラスメントPTの座長を務めております。

ときどき見に来てください。

丸山市政本格始動!第二次総合計画、 庁舎問題、小学校の統廃合、課題は山積み

青嵐中学校
合併特例債を充当して建設された青嵐中学校(西東京市HPより)
  • URLをコピーしました!

丸山浩一、初当選!

2月に行われた市長選挙で、私たち自民党の推薦する丸山浩一さんが市長に当選しました。

新政権最初の仕事は、先延ばしになっていた数々の課題の解決に着手することでした。

そのひとつが、平成26年度を始期とする第二次総合計画の策定です。

合併後のまちづくり

西東京市は、平成13年に旧田無・保谷市の合併により、誕生。その後、平成16年に第一次総合計画を策定し、合併特例債を約249億円活用しながら、まちづくりを進めてきました。

その結果、4つの保育園と2つの学校の建替をはじめ、市内の老朽施設の大半を建て替えることができました。また、公共施設の耐震補強もかなり進みました。

人口減少社会 求められるスリム化

第二次総合計画策定にあたって、考慮すべきは、西東京市も平成27(2015)年以降は人口減少に転ずるだろうと推測されていることです。

人口減少社会にふさわしく、自治体機構もスリム化を進めていかなくてはいけません。

特に、公共施設については、最初の10年で、合併特例債などの財政支援を国都から受けながら建替を行ったため、床面積でみると増加しており、その分、光熱水費の増加など維持費の増につながっています。

公共施設の大胆な統廃合、その最大の課題が2庁舎の1庁舎化です。さらには、小規模化した小学校についても、統廃合を進めていかなくてはいけません。

公共施設の統廃合は、とかく、総論賛成・各論反対になりがちですが、将来世代に負の遺産を残さないためにも、着実に進めていくべきです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

西東京市議会議員 保谷なおみ 後援会

保谷なおみ
西東京市議会議員
保谷なおみ(七緒美)です。
市議会議員5期目ですが、気持ちはいつも新人議員です。
2021年2月から、第23代西東京市議会議長を務めています。

ときどき見に来てください。
目次