ボッチャ体験!

講師の新井さんから説明を受ける
西東京市

2018年3月25日

ボッチャ交流会に参加して、ボッチャを初めて体験しました。

重い身体障害のある方でもできるスポーツとして、パラリンピックの正式種目です。

案内チラシです

ピョンチャンオリンピックで話題になったカーリングの陸上版というイメージでしょうか。

白いジャックボール(目標球)にいかに近づけるか、を争います。

カーリング同様、頭脳勝負で、講師の新井さんいわく「ボッチャは性格の悪い人が上手」とか。

正式のボッチャは直径10センチほどの球を使いますが、簡略版もあります。

ゴルフ球よりやや大きい程度の球を使って行うミニボッチャは、卓球台ほどの広さがあれば楽しめるとのこと。

文字通り、いつでも、どこでも楽しめるスポーツです。

単純そうに見えて、意外に難しいです。

障害者でなくても、十分楽しめるスポーツです。

新井講師の実演をご覧ください。