縄文モニュメント除幕式 シータとノーヤがやってきた!

下野谷遺跡モニュメント 全部で4つあります
西東京市

2018年3月25日(日)

東伏見駅南北に、全部で4か所、縄文モニュメントがたてられました。

まずは、南口にて、丸山西東京市長をはじめ、来賓あいさつ後、いよいよモニュメントの除幕式。

除幕式後の記念撮影
市長や地元関係者と地域の子どもたち

除幕式の動画もあります。幕がきれいに落ちなかったのは、ご愛敬。

こちらがアップ写真

ハンドルを20回回すと、音声ガイドが流れる。

セレモニーのあとは、北口の「ここスポ」に臨時で設置した「下野谷遺跡資料館」にて、あらためて、下野谷遺跡について、学びました。

北口のモニュメント

北口のモニュメントには、モデルになった土器があります。

その土器が、「臨時下野谷遺跡資料館」に飾ってありました。

モニュメントのモデルになった土器

 

なぜ、その土器をモデルにしたのか、を、市の学芸員が、分かりやすく説明していただきました。

さらに、モニュメントのテーマは、家族だということも

動画はこちら↓

 

下野谷遺跡ですが、早稲田大学東伏見キャンパスの南側に位置します。

というと、「あの懐かしの東伏見キャンパス」という、早大OG、OBが多数。

西武新宿線東伏見南口から、西東京市内唯一と言ってもいい、急坂を登ったところにある高台にあります。

急坂の手前は石神井川。

 

1分もあれば登れる坂ですが、雪が降ったあと凍結すると、歩行不可能になる、なかなかの急坂です。

 

この「急坂」がミソですね。

なぜなら、生きていくうえで欠かせない水を、石神井川に降りれば簡単に入手できるけど、住まいは高台にあるため、洪水被害に遭うことはないからです。

縄文時代の一等地です。

地形を眺めていると、当時の繁栄ぶりが目に浮かびます。

圧痕とは、土器を作ったときに木の実などが付着してできたくぼみのこと

下野谷遺跡にご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。↓

西東京市教育委員会発行のパンフレットです。

国史跡 下野谷遺跡(PDF)

したのやムラの家族の話(PDF)